助産院と病院での仕事の違い

助産院と病院での仕事の違い

助産院と病院で働く場合、仕事の違いはどこにあるのでしょう。まず助産院の仕事は、母子ともに正常な状態にある場合の出産の介助に関わることになります。一方、病院は、正常分娩の介助だけが認められている助産院と違って、あらゆるケースの妊娠経過、分娩に立ち会います。

 

また、助産院を利用する人は妊婦さん、産後の保健指導をうけるじょく婦さんと、赤ちゃんになりますが、病院では、様々な患者に対応することになります!

 

ただ、病院の場合、妊婦さんに対する保健指導や母親教室、産後の授乳教室などは、複数の妊婦さん、じょく婦さんにするので、助産院よりも触れ合う機会が少ないと言えます。助産院は入院床数9床以下の施設を指すので、規模も小さいのですが、その分、家庭的な雰囲気の中での出産ができます。

 

そして、妊娠時の検診、分娩、育児まで、一貫した助産活動をするのが特徴で、時には妊婦さんの自宅を訪れ、そこで助産介助をすることもあります。病院のように白衣は着用せず、私服で業務をする助産院もあり、温かい雰囲気の中、家族一丸となってお産に臨みます。